お気に入りの子が風俗嬢卒業の日

テーマが楽しいのもデリヘル

毎回風俗を利用する時には自分の中でテーマを持って楽しむようにしているんです。漠然と風俗嬢と二人きりの時間を楽しむよりもちょっとしたテーマを自分の中で設定することによって、より楽しい時間を演出できたり自分自身のモチベーションにもなったりするので毎回テーマを設定しているんですよ。この前は、川越で評価の高いデリヘル専門サイトから呼んだ現役女子大生のデリヘル嬢と楽しみましたが、テーマはずばり「愛人とのプレイ」というデリヘルです。別に相手にそう伝えたわけじゃなくて自分の心の中でそう思って楽しむってことです。愛人とホテルで合流してのプレイは何となく気持ちを盛り上げてくれるんですよね。それだけでも嬉しいもので興奮しますが前回に関しては相手の女子大生の魅力も大きく貢献してくれました。やっぱり若い女の子はいいですね。性格とかではなくて肌の張りが全然違います。まだまだ潤いたっぷりの肌は見ているだけで男として刺激されてくるので、何をするとかではなくて彼女と一緒の空間にいるってだけで幸せでした。

ポップ感のある子でした

この前のデリヘル嬢は上手く言葉で表せないんですけど、いわばポップ感というか明るい雰囲気の風俗嬢でした。最近では明るい風俗嬢なんてそんなに珍しいものではないと思うんですけど彼女に関しては明るさが無理をしている感のあるものでは難くてあくまでも普通に接してくれているかのような明るさを持つデリヘル嬢なんです。いわば営業用の明るさではなくてまるで友人や知人に向けているかのような無理のない明るさだったんですよ。そこに男として惹かれたのかなって思っています。なんだかんだで男って明るい女の子の方が好きじゃないですか。口では明るい子は苦手って言っていても自分自身が明るい雰囲気で接してもらったら明るい女の子のことが好きになってしまうものなんですよ。そのくらい男は単純なものなんですけど、彼女の明るさに関してはさらに男をシンプルにさせてしまう程の破壊力を持ったものなんじゃないかなって思いましたね。だから納得度はかなりものでした。

デリヘルで知り合える女は特別

プライベートでなかなか知り合えない女の子とエッチするためにデリヘルってあると思う。俺は学生の時から常に彼女はいるんだけど、ほぼ全員好みとは別のタイプの女の子だった。一応、相手から告白をしてきたので他に付き合っている人もいなかったし、いいかなと思って付き合い始めた。でも、好みじゃない女の子って思った以上に大切にできなくて、最終的にはうまくいかなくなって別れてしまう。たぶん、俺自身もかなりガキだったと思うけどもう少し付き合い方を考えなければいけないと思った。その時に、デリヘルのホームページを見てモニターに映っている女の子の写真に一目惚れしてしまった。ただ、相手は風俗嬢だしお金を払ってエッチをする相手だから、恋をするというのもおかしな話。とりあえず、一度デリヘルを利用して風俗嬢とエッチしてみた。彼女と家で顔を合わせるとすぐに気持ちが燃え上がり、簡単にフル勃起した。そして射精後に、彼女とイチャラブしたんだけどやっぱりお金の関係で十分だと思った。